設計士さんがデザインされたマンションのリノベーション。

和室を柔らかく仕切るのに「のれん」状に縫製したレースを納めました。
下部がグラデーションに染められたレース生地を使用しました。
上はステンレスパイプを通すので袋縫いに。
グラデーションと生地の透け感もあって淡い優しい仕切りになりました。

レース のれん

 

掃き出し窓のレースはレールが天井付近に付いているので
生地の背が高くとてもキレイです。
透け感と生地のドレープ感を重要視されていたので、レースにウェーブ加工を施しています。
なので全体的に均一にキレイなドレープが出ています。

レース のれん